image-main-left.jpg

ソチオリンピックで大活躍の治療機械導入

メダリストを支えたメディカルサポートを当院でも受けられます。

当院の物理療法機器は常に最先端のものを取り入れております。現在行われていますオリンピック(ソチ)にて、マルチサポートセンターで使用されている高周波治療機器を導入致しました。温熱効果が高く、深部までの加温と筋肉、脂肪を容易に弛めることが可能となりました。筋疲労、筋肉痛の緩和や、肉離れ、筋膜性腰痛などに有効に作用します。世界のトップアスリートが受けているメディカルサポートを当院で受ける事が出来ます。この他にも最新の超音波画像診断装置や、レーザーによる光線療法など皆様の痛みに対して万全なサポートが出来る様整えております。


柔道整復師は怪我のプロです。

現場を知っているからこそ予防もできる。

IMGP0012.JPG当院のメディカルスタッフは、診療時間に、多くのスポーツ現場をサポートしております。応急処置や、怪我の予防まで、専門的知識をフルに使ってサポートします。多くの現場での臨床経験が日常の診療にも活かされております。
そして、怪我をした選手の気持ちもよくわかります。私たち治療家も以前は選手として活動をしていました。そんな経験も活かし、日々の診療にあたり、早期回復、早期復帰を目指しております。

当院の治療にはマニュアルはありません。個々の症状に合わせた治療を行っております

IMGP8431.JPG痛みは、日々変化しております。私たちにはマニュアルはありません。そして答えは教科書でもありません。なぜなら、痛みの感じ方は個々によって違いますし、症状も日々変化します。その変化に対応し、常に患者様の状態に合わせた治療を行います。早期回復には、患者様の詳しい情報が必要となります。遠慮なく症状をお伝えください。また、一度に何カ所もの治療は治療の時間の分散になります。出来るだけ集中して治して行きたいので、痛みの強い順番で治して行きます。いたい場所の原因が他にある場合も当然あります。全体から部分へ。部分から全体へ。そんなアプローチをしていきます。


超音波画像診断装置があります。

骨などの外傷、筋の損傷、靭帯の損傷など詳しく観察し、必要に応じて病院などご紹介致します。

今までは触診によって鑑別していた肉離れ、骨折、捻挫などの靭帯損傷に対して、より詳しく観察することが出来るようになりました。レントゲンには写らない靭帯は、より具体的に観察できます。また、肩の回旋腱板などの損傷、インピンジメントなどをみます。勿論疑わしい場合は、MRIなどの精査を病院に依頼することもあります。
持ち運びができるので、モトクロス会場などのハードなスポーツ現場にも持って行き、鑑別したりもします。

IMG_1065.JPG

新琴似中央整骨院 1月 診療予定表
月曜
火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
 午前9:00〜12:00  8:30〜12:30
藤  本  藤 本 藤 本 藤 本 藤 本
(藤 本)




 
午後15:00〜21:00  午後休診


藤  本  藤 本 (藤 本) 藤 本 藤 本






(  )は予約診療を承ります。ご予約は011-764-7557 新琴似中央整骨院まで
お問い合わせください。


   

藤本 隆靖 Takayasu Fujimoto

柔道整復師、日本柔道整復接骨医学会認定柔道整復師、JCCAマスタートレーナー、A級講師、メンタルトレーナー、クリニカルTECHマスター、全日本スキー連盟指導員、検定員、クラウンプライズ 他多数

基礎スキーの選手でもありながら、多くのスポーツ選手のトレーナーとして活動。現場の怪我の発生の経験からスポーツ外傷を得意とし、予防からパフォーマンス向上までを治療の中に取り入れております。

北海道有朋高等学校男子バスケットボール部AC、北海学園大学アメリカンフットボール部ストレングストレーナー、北海道工業大学アメリカンフットボール部アドバイザー、モトクロスIA,IA2,IB,NA選手のコンディショニングトレーナー

fujimoto.jpg院長のブログへ

林 愛梨 Airi Hayashi

柔道整復師、日本柔道整復接骨医学会会員、Jccaベーシックインストラクター、super feet TECH4、メンタルトレーナー

アイスホッケーを始めて19年、全日本Aクラスの選手として戦っておりました。選手としての経験を活かし、怪我の予防や治療に力を注いでいきます。

北海道有朋高校男子バスケットボール部トレーナー

Hayashi.jpeg

<診療時間>     <診療科目>
平日 9:00〜21:00     骨折・脱臼・打撲・捻挫・肉離れ
土曜 8:30〜12:30     スポーツ外傷全般
昼休み 12時〜15時     

 休診  日・祝日

 学会や研修で休診することあります。
各種健康保険適応
(健康保険/自賠責保険/労災/生保)
※慢性疾患
慢性腰痛、慢性肩こりは保険適応外となります。